「英語」の背後に パパ・ママの存在を 残すんです

えいごっていつから始めればいいのかしら?

 

という声をよく聞きます。

 

今日から始めましょ♪と 答えてます。

 

英語を通して 親子の暖かいコミュニケーション時間を作ってもらいたいからです

 

 

 

私たちの ベビークラスの根底に流れている気持ちを お伝えしますね。

 

 

ベビークラスでは

お子さんに  パパ・ママと英語を楽しんでもらうレッスンをしています。

 

つまり、

「英語」背後

 

パパ・ママの存在

 

残すのです

 

 

昔、お父さんとこれしたなぁ とか

お母さん この時こんな顔してたなぁって思い出ありませんか?

gatag-00011668

 

私は 小さいころ、父親とサッカーボールのパス回しでよく遊びました。

30年経った今は

テレビでサッカーの試合やっているところをみると なんとなぁく暖かい気持ちがします。

 

 

子供のころの出来事に

 

パパ・ママが入ることで

 

将来その出来事は 子どもにとって

 

 

特別なものになります

 

 

えいごをママ・パパと楽しむ経験を持つこと。

 

dsc_0309

 

そんな 暖かい経験を持った子供たちが 使って行く英語は

一味違った暖かい表現になってゆくでしょう。

 

ベビークラスでは その気持ちの土台作りをするレッスンなので

コンピューターのプログラミングのように

ただ 子供に 英語表現を覚えさせるのではなく

ママ・パパと一緒に楽しむ  血の通った暖かいレッスンをしています。

 

 

広い教室を歩き回りながら 身体を動かして 英語を楽しんでます

dsc_0307

 

 

お子さんと ママ・パパの間に英語を置いてみませんか?

 

この経験を 気軽に初めてもらいたく、 キャンペーンを用意してます。

ぜひ お越しくださいね 🙂 

 

キャンペーンページはこちらです♪

 

 

 

2016.09.16