ママにインタビュー!【子どもへの言葉は この一言。 「大きくなったら 世界にはばたいでください」】

さくら ちかげ

 

「新婚旅行でスイスに行ったとき、マックで上手く注文できなかった ヤキモキした思い出があって!英語が喋れないと旅行先で楽しめない!ってことを痛感・・・

 

子供には 日本語と英語の 言葉の境目がない時期から英語に触れさせたいと決めていたんです。

 

子どもが1才の時 教室看板前を通りかかって 通い始めました。」

 

〈島田市 松井 様 お子さま 5歳 (写真中央)

 

 

 

担当する先生選びが大事

 

 

―通りがかりに お教室の看板を見て通われたということですが、他のお教室と比べましたか?

 

 

はい 。レッスン料と距離。オールイングリッシュのレッスンなのに割安だし、大きな通り沿いなので車で送り迎えがしやすい点。

 

あと一番比べたとこは ネイティブの先生のレッスン回数です。

「ネイティブがいます」っていっても 隔週だったり年に数回のイベントのときだけだったりするところもあって。

 

毎回ネイティブの先生がレッスンをしてくれるキャタピラーイングリッシュスクールを選びました。

 

 

 

 

預けっぱなしじゃなくて
成長をちゃんと見れる

 

 

―入会されてどうですか?

 

 

「しゃべれるようになった?」って周りからよ~く聞かれる(笑)

 

週一で英語教室に通わせたとこで そんなに早くペラペラになれるわけがないです。そこがゴールじゃなくて、今は英語に触れて 英語って楽しいと思う 英語の土台をつくってるとこだと思ってます。それが一歳から英語を習わせてる目的。

 

でも、預けっぱなしじゃなくて 月一でレッスンを見れる参観日に 子どもが英語を聞いて反応してるとこや 英語を言いながら 楽しそうにアダム先生とコミュニケーションとってるとこで、子どもの成長がちゃんと見れてる。

 

 

先生たちも気さくで話やすくって レッスン後には 子どもの様子を教えてくれるから安心。

 

 

 

小さい子どもに英語を習わせるのは
英語の土台をつくるため

 

 

―お子さんが1才の時から通い始めて もうすぐ5歳になりますね、何か変化はありますか?

 

 

発音がすごくきれいなのに驚いてます!

 

私は聞き取れないから 合ってるのかどうか分からないけど(笑)日本語には無い音を出しているのは確か。

 

脳の中で音を聞き分けられる部分が発達するのは、幼少期の今だから 1才からやっててよかったと思う。

ちゃんと聞こえてるから 自分の口から出せるんだと思う。音の獲得は大事。

オールイングリッシュのレッスンでよかった。

 

2歳頃から口ずさみ始めた歌は 日本語と英語の童謡の二か国語出てくるし、4歳の今は アダム先生の指示を聞いて動けてる。

 

英文丸ごと理解できてるみたい。それが英語の土台だと思う。

 

 

 

英語は選択肢を広げる道具

 

―お子さまには将来、英語をどのように使っていってもらいたいですか?

 

 

子どもには、自分で自分の道を選択できる力をつけていってもらいたい。その選択肢を広げるのに英語は必須。

 

この教室は 子供の口から英語が自然に出てくるように いろんな仕掛けをしてくれるから 英語を言う態度も習える。

 

それと 度胸や広い視野だったり判断する力なんかも必要だから、時間があればいろいろなところに連れて行ったり、いろいろな人に合わせてあげています。

 

子どもへの言葉は一言「世界にはばたいてください」。

 

自信を持って広い世界に、自分の可能性を試していって欲しい。

 

 

 

 

 

― 松井様ありがとうございました。
 これからもよろしくお願いします

 

 

 

  無料体験レッスンお問い合わせこちら(^^♪

 

2016.08.18