【急速に変わる英語事情 その2】2020年度からの「小学校新学習指導要領」を見て驚いたこと

【その2】

 

2020年度に
小学校の新学習指導要領が
かわります。

 

 

ものすごいスピードで
変化しています。

 

1年生息子の親学習会に出席したら
学習指導要領のプリントが配られました。

このプリントをみて
疑問に思ったことがあって・・・・・・・

 

 

教科名が列記されています

国語

社会

算数

生活

音楽

図画工作

家庭

体育

外国語

道徳

 

「外国語」だけ浮いた感じがしませんか???

 

その他教科は
子どもの生活に密着しています

 

密着しているからこそ
活きてくる知識です

 

 

外国語は??????

 

あぁ~昔の記憶がよみがえる~

 

中学生から英語が始まったけど
英語を使う機会がまったく無くて…

テストの点取りだけの勉強
だったなって

 

 

 

点数取り英語じゃなくて
実際に英語を使うグローバル社会に生きていく
子ども達。

今までのやり方じゃ遠回り…

今までのやり方じゃ間に合わない…

 

小学生、幼児、ベビーちゃんたちには
どんな英語が必要???

 

 

それは、

英語の環境を身近に

作ってあげること

 

 

英語が国語や理科などに肩を並べるんだったら
英語の環境も子どもの周りに作らないと!

 

私たち英語教室では
この危機感の上でお教室つくりをしています

 

・毎週アダム先生とスキンシップや
 コミュニケーションをいっぱいとること

 

・未就園児はママとのラブラブ♡英語で、
 あったかい♡英語のイメージを作ってあげること

 

・お家でママ・パパと英語の環境を作れる提案

 

・CD付き英語絵本をテイクアウトして
 お家を英語モードにすること

 

・英語で考え英語で意見を言える仕掛け作り

などなど・・・

 

 

英語(外国語)って身近なコトバ

これを感じてもらうことが
重要だなとおもいます!!

 

 

 

どんなお教室、レッスンなの???
実際に見て、肌で感じてみて下さい

お問い合わせ
お待ちしております!

 

 

 

 

 

体験レッスン申し込みはこちら→

 

2018.07.10
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。