レッスン風景

【ママの声】わが子の何気ない独り言が英文で驚きました。

小3の娘
今まで口にしていたのは
単語や英語の歌でしたが、

 

最近はちゃんとした英文が出てきて
驚きました。

 

 

 

こんなお声を頂きました。

 

 

きっと
英語絵本を使っているからではないかな?
と思います。

 

絵本は子供の主体性、創造力を
最大限に生かすことができる
素晴らしい教材。

 

子供達はすぐに丸暗記してしまいます!

 

キャタピラーイングリッシュスクールでは
こちらを使っています

 

 

〈アメリカの子ども向けに作られている
絵本シリーズ〉

今月の本はこちら↓

9780916119591newbig

 

ハロウィンパーティーがあるので
モンスターが主人公の絵本をチョイス

 

 

 

 

〈小学生クラスでは このように活用しています〉

 

 

アダム先生のナチュラルスピード英語を
聞き取っていく練習
(リスニング練習)

dsc_0459

 

音読し 英文を組み立てる練習
(スピーキング・リーディング練習)

dsc_0458

 

おうちで書いてくる練習
(ライティング練習)

bunbougu_note

これら4技能は、語学習得に必要。

 

 

絵本を起点として
子供たちは楽しい世界の中で
英語表現を吸収していきます。

 

 

アダム先生
この絵本シリーズ大好きです 🙂 

 

 

あと、もう一つ大事なこと(^^♪

 

英語を

先生と、お友達とみ~んなで楽しむこと!

 

 

ハロウィンパーティーで歌う
ハロウィンソングの練習・・・・

 

なんだか みんなの顔がうずうず・・・・

 

dsc_0465

 

 

 

モンスター!!!!!!!

dsc_0466

子供達はのびのびと
英語の世界を楽しんでいます

 

楽しい英語が身体の中にたまって(インプット)

独り言としてもにょもにょと
(自然なアウトプット)

英語が出てくるのかな?

 

 

ハロウィンパーティー楽しみだね!!

お教室で待ってます^^

 

 

藤枝・島田・焼津

子供の学びたい気持ちを伸ばす 英会話スクール

【キャタピラーイングリッシュスクール】

 

 

更新日:2016.10.19

わたし、英語が読める!!その秘密は・・・

あれ??わたし、英語が読めちゃう!

 

girl_idea

ほんとに魔法のよう

 

その秘密は・・・・

DSC_0301

 

フォニックス学習

外国の子供たちが 耳から覚えた単語を 文字に書くようになったときのお勉強。

キャタピラーイングリッシュスクールでは、フォニックス学習が小学1年生から本格的に 始まります。

 

 

DSC_0302

〈アダム先生お手製 「フォニックスのルールがスイスイ分かっちゃう」ボード!〉

 

 

今月は

 

〈最初の1文字だけちがって、残りはおんなじスペルと音だよ〉

 

という規則をならいました。

 

 

 

 

聞き取りやすい きれいな発音で、英語をどんどん読んでいくみんなを見ながら

 

ウシシシシ! 😎 と喜ぶアダム先生(笑)

 

みんなの口から 英語がたくさん出てくるのを 見るのが、何よりもうれしいです 😛 

 

英語がどんどん楽しくなるね!やったぁ!by Adam

 

 

 

 

 

更新日:2016.09.02

2016年 サマースクール 風景 2日目 ―幼児クラス―

2016年 サマースクール 2日目

 幼児クラスのレッスン風景 

 

 

今日は How many ? という絵本をつかいました 🙂

DSC_0171

これは、アメリカのCTP社の絵本です。ちびっ子たちへの優れものの英語教材。

 

よい英語絵本を選ぶポイントを全て兼ね備えています。

 

アダム先生 一押しの絵本シリーズ。

アダム先生は 長年 幼児英語教育の現場にいて 様々な教材を見てきました。

その中で 日本の子どもたちに質の良い英語教育が出来る教材と大絶賛していて、普段のレッスンでも使用しています。

こども達が スッと英語の世界に入っていくのを 見て取れます 

20160805_095943

 

 
こちらの絵本の中身がとても面白いのです。

 

「タコの足は何本?」「8本だよ。」って英語でなんて言いますか?

How many legs does an octopus have? 
An octopus has eight legs.

 

という英文が出て来たと思います。

 

 

 

この絵本では なんと!

How many legs on an octopus?

 Eight legs on an octopus.

と表現されているのです。これはネイティブの感覚でしょうね。

 

 

子ども達は 絵本を通して 「英語のセンス」を磨いていきます。

 

日本の子どもたちには 教室外で自然な英語に触れる機会がほとんどありません。

 

 

でも 教室で英語絵本を使ったレッスンを受けると 子どもたちは ストーリーの形を借りて

英語の世界を疑似体験しながら リアルな文脈や言葉に触れることができます。

 

 

日本語を介さずに言葉の意味を理解することができるというメリットもありますね♡

DSC_0164

今年のサマースクールでは3時間かけて じっくりと

この絵本に広がる英語の世界を

深めていきました。

沢山の 笑顔~✨

 

 

休憩時間には 近所の お菓子屋さんへ お散歩  

アダム先生の英語指示を聞いて お店へ向かいまーす

20160805_101020(0)

いつも お世話になっているお菓子屋さん 本町 フォンテーヌ府中屋さんです。

お店に入ると ハロー と迎えてくれます

 

 

20160805_101534 (1)

 

みんな 英語で 上手に注文が出来ましたよ~

 

戻ってきて いただきまーす Let’s eat!

DSC_0158

 

 

最後には ママたちの前で 絵本を読みました!

 

「もにょもにょもにょ もにょもにょもにょ」

3~5歳のみんななので 字はまだ読めません。

でもがんばって 発話していました。

絵本の絵を見て そのシーンにあった英語の音を思い出しながら  もにょもにょ と音を出していました。

 

もにょもにょもにょ でオッケー!

 

みんなの頭の中に広がる 英語の世界にある音が出てきているのだと思います。

今は 正しく言わせる より 子どもの口から自然に出てくる音を 素直に聞いてあげることの方が 大切。

 

日本語でも宇宙語があったように 英語もたくさんの 英語音が 頭に入り 不思議な音となって出てきます。

不思議な音でも 構わず言えるのは 幼児期の強みですね!英語らしい音もちらほら聞こえました。

 

小さい頃から 「実際に言う」という実体験を通して  人前で使える英語を身につけてもらいたいです。

 

 

 

最後に子どもたちから「 楽しかった!」とニコニコ笑顔をもらえました♡

 

今日のサマースクールで みんなのお気持ちにどんな英語が残ったかな?

 

何でも楽しめることは子供の特技。英語も楽しみながら学んでいって ほしいです 🙂 

 

 

 

参加してくれた みんな、ご協力いただきました パパ・ママ、ありがとうございました。

 

更新日:2016.08.06