ブログ

2016年 サマースクール 風景【動画あり】 ―幼児クラス―

2016年 サマースクール スタート

【幼児クラスのレッスン風景】

 

 

今日は Little green frog という絵本をつかいました。

 

こちらの 動画は レッスンがスタートしてから1時間後の様子です。

みんな こんなに上手に主人公のカエル君になりきっています。
仕草や 表情をみるとちゃんと英語の意味が分かっている様子 ˆ∀ˆ

 

 私しか映っていませんが 主任講師はアダム先生です (;^_^A

20160729_093532 ぴょーん

 

 

最後には スピーキング発表会。

ママ達を前に 朗読をしました。

 

FB_IMG_1469785616405

ママ達からは 

・ 英語が子どもの口から自然に出ていて 楽しんでいるようでうれしいです。

・ サマースクール後、 英語のセリフを口ずさんでいました。丸暗記しちゃったみたい。すごい!

と感想を頂きました 😮  お子さんにも、ママ達にも喜んでもらえてうれしいです!

子ども達の 英語を言いたい という 気持ちを引き出すのは 絵本の素晴らしい魅力の一つだと思います(^^♪

 

 

次回は8月5日(金)です。受講生募集中ですので

詳細は こちらサマースクール案内をご覧ください。

 

お待ちしています!

 

おまけ ブレイクタイムにはみ 英語でパンケーキ作りを楽しみました 🙂 

1469785911923

yum yum!

更新日:2016.07.30

【フォニックス学習】の続き 【シラブル学習】

前回【フォニックス学習】の続き。

シラブルって?

 

【小学生クラスをちょっとのぞき見👀】

 

 

英語のリズム感を良くする+英語が聞き取れるようになる学習法

シラブル(syllable)=(英語のリスニングや英語独特のリズムを掴む”コツ”のようなもの)

のお勉強中でした。

 

DSC_0129

「子供に英語を習わせるならネイティブ講師」と決めていられる パパ・ママは

我が子には ナチュラルな発音を身に付けて欲しい

と思われているとおもいます。

(もちろん他にもあると思いますが、ここでは音について書かせてもらいました)

 

 

一言でナチュラルな英語といっても  正しい音 英語独特のリズム感 音と音のつながり方

などなど。英語っぽく聞こえる話し方ですね

 

 

みなさんご存知のように 英語学習の入門期にもっとも大切と考えられているのは リスニング力です 

私たちの子どもたちが日本語を話しているのも おなかの中にいた時から日本語の音を聞いていたからですよね

 

ベビー・幼児クラスでは 絵本を中心とした 多くの英語を聞いて
ナチュラルな英語に慣れます 

そして次のステップとして小学生から シラブル学習が始まります

 

音の聞き分けができて 文字が読めて 理論的な理解ができるお年頃ですからね

 

DSC_0133

ブロックを使い ゲーム感覚で シラブルに馴染んでいく 小学生たち

ゲームに勝った負けたでトラブルになるのも お年頃だから….

 

 

前置きが長くなりました(;´・ω・)

シラブルとは音の小さな単位です

Trumpet ― トランペット を例にとると

bach%20vincentsp

日本語では ♪ ト ラ ン ぺ ッ ト と6音

英語では ♪ トラム ペット と2音(2つの音の塊)

 

ネイティブには ♪ ト ラ ン ぺ ッ トでは通じないし、

日本人には ♪ トラム ペット と言われても何のことだか聞き取れません。

 

このように カタカナ英語では通じない。

又 ネイティブの英語が聞き取れない大きな理由の一つが

シラブルの意識です。

 

キャタピラーイングリッシュスクールでは

”使える英語”を身に付けるために ネイティブ講師が 英語特有のロジックも生徒さんにお伝えしています。

小学生たち 大きな声で元気に学んでいますよ。みんな楽しそう 😀

 

シラブルについては また次回に詳しくお伝えしますね~

 

皆様よい一日を!

 

更新日:2016.07.27

4技能全てが伸びる!?【フォニックス学習】

「フォニックス」
最近、耳にすることが多くなってきました。ご存知ですか?多くの英語教室でフォニックス指導が取り入れられています。

Q フォニックスって何だろう?

A 【文字と音を結びつける学習法】です。英語圏の子どもたちにとっては良く知られた学習法ですが、最近じわじわと日本での知名度が上がってきていますね。

 

そして、フォニックスをちゃんと学んだ英語圏の子どもたちは 何ができるようになるのか?

英単語のスペル(つづり)を見ると発音がわかる。知らない単語でも発音を聞くとスペル(つづり)が判る

つまり 正しい音をキャッチできて 正しい発音で言え 読み書きも出来るようになっていきます。 

 

 

「英語の4技能(聞く・言う・読む・聞く)全てが伸びる学習法」なのです。

 

なにより こどもが自分でんでいける 自学力がつく 素晴らしい学習法。

 

 

 

例えば・・・・

「新しい単語が出て来たぞ」

”square”  ”president” 

 
「なんのこっちゃ?習ってないからわかりません。」

 

 という声がなくなります。

 

フォニックスを知っていると 次のプロセスが始まります。

 ① 意味が分からなくても正しい音をキャッチして
 ② そのまま発音できて
 ③ フォニックスルールで読めて
 ④ ルールが頭に入っているから、書けます

もうここまでできたら 文の前後関係でおおよその意味は掴めるでしょう

 

 

 

 

今までの英語教育は 【読み書き】重視の机上の学習だったので

フォニックス学習はなかったです。

しかし、現在の英語教育は コミュニケーション英語で人を介す英語なので 【聞く 話す】力が必要とされています。

 

 

 

自分のスキルアップのため この学習法を習いに ㈱mpi のセミナー行ってきました。

 

 

余談ですが こちらの指導法が小学校に導入(150校以上!)され

1時間目が始まる前の 朝の15分の活動時間に英語活動として取り入れられているそうです

 

 

毎日15分ですよ!!絶対効果が出てくると思います

 Untitled

 ステキなコーチと  記念撮影(^^♪

 セミナーに参加された先生もステキな方たちばかりでした。
 
 セミナー後いろんな情報交換などでおしゃべりしまくりました~(笑)

 

 

 フォニックスを習得するには もちろん時間がかかるけれど

 今後みんなの宝になる技術です。

 みんなが、英語ができる!英語って楽しい!と実感してもらえるように

 しっかりとレッスンに取り入れていきますね。

 

 来週のサマースクールでももちろん フォニックス学習をみっちりやりますよ(小学生)

 自分で英語が読めた時 みんなどんな顔をするかな?楽しみです。

 

ちなみに・・・

フォニックスでは 発音に関するルールを学びますが その前に習得しておきたい大切な要素があります。

シラブルといいますが それはまた次回に!

 

 

 藤枝、焼津・島田でえいご大好きっ子を育てるなら

 キャタピラーイングリッシュスクール

 

 

 

 

 

更新日:2016.07.25

大好きな翻訳者さんとツーショット(^^♪

みなさん、こちらの絵本ご存知ですか?

th

そうです

「はらぺこあおむし」

 

作者はエリック カールさん

アメリカの絵本作家で、コラージュの手法が特徴的ですよね

eric-carle

 

そして、エリックカールさんの絵本

「ホットケーキできあがり」

book_pancakespancakes

私、こちらの絵本が大好きなんですが

なんと、翻訳者さんにお会いできたのです―!!!

IMG_9804

アーサー ビナードさんです

ユーモアたっぷりな博識な方で 笑顔もステキ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

翻訳業のスタートは

ご自身の大好きな絵本が「世界で翻訳発売されていなかったから」だそうです。

世界のステキな絵本を日本の皆さんに広めているアーサーさん

 

私は、絵本が大好き   🙂

絵本の中に広がる世界と、読んだ後に残る心地よさに浸るのが好きだからです

 

アーサーさんが絵本を広めているように

私もたくさんのステキな絵本を 子どもたちに読んであげたいと思いました

 

 

アーサーさんとは 心が同じ仲間!と勝手に一人盛り上がりです(笑)

 

kiyomi

 

 

 

更新日:2016.07.17

HPをリニューアルしました!

ホームページをリニューアルました。

キャタピラーイングリッシュスクールのレッスン風景、考え方、お役立ち情報などを、生徒さん、パパ・ママの声を聞きながらアップしていきます。

 

見やすく、分かり易いHPにしていきます。今後もよろしくお願いします。

 

【藤枝・焼津・島田でえいご大好きっこを育てるなら】
 キャタピラーイングリッシュスクール

代表 ホーガン清美

IMG_6094

 

更新日:2016.07.16
5 / 512345