ブログ

幼児が英語を学ぶコツは?in 西益津地区行政センター

秋雨前線が静岡上空にのびて 不安定な空模様だったけど、

講座中は太陽サンサンいいお天気でした 🙂

 

 

 

 

 

今日は 藤枝市西益津地区行政センター にて

藤枝市たちばな保育園子ども支援センターさん主催

「英語でリズム」講座をやらせていただきました。

 

 


写真をすっかり取り忘れ、手元には公民館の外観のみ (笑)
nishimashidukominkan

 

なんと!35組が集まってくれたので 約70人の皆さんと
英語を楽しんできました 🙂

kids_ball_pool

 

今日こんなことをお伝えしましたよ

 

英語で遊ぶ前にママたちに心がけてほしいこと

 

 

 

ママのお気持ちを英語に乗せて

お子さんに伝えてくださいね

 

 

 

「I LOVE YOU」のイラスト文字

 

 

日本語にはなくて、英語にはある表現っていっぱいあるんです。

 

I love you.  = 愛してるよ   

 

  ってなかなか家族に言えません

 

 

 

You are so gorgeous! =  あなたは とっても愛らしい~♡

 

これも言ったことないです。私。

 

  ゴージャスは存在自体を愛らしく素敵に思う気持ちだとおもいます

 

 

 

 

英語圏の親は このような Love 表現 を、たぁっくさん口にします

 

 

I love you.って表現をとってみると

 

私は言葉から理解したので「愛してるよ」っていう言葉が浮かんで

こっぱずかしいけど(笑)

 

 

娘は I love you.を言われて育ってきたので

「満たされた暖かい感じ」のイメージ
が言葉の後ろにあるから

すんなり言えるんだと思います。

 

 

 

このように 英語は

親の子どもに対する 愛情表現が得意!

 

これを上手に 親子間に取り入れて

愛情体験をお子さんにプレゼントしてあげること

 

これが 幼児期の時代に育てたい 心の土台で

英語を学んでいくコツです (^^♪

 

 

 

笑顔いっぱい 暖かいお気持ちいっぱいの講座になりました

 

大勢の皆さま ありがとうございました 😀

 

 

藤枝 焼津 島田 で英語をはじめるなら

【キャタピラーイングリッシュスクール】

 

無料体験レッスンのお問い合わせはこちら>>>

 

更新日:2016.09.29

「英語」の背後に パパ・ママの存在を 残すんです

えいごっていつから始めればいいのかしら?

 

という声をよく聞きます。

 

今日から始めましょ♪と 答えてます。

 

英語を通して 親子の暖かいコミュニケーション時間を作ってもらいたいからです

 

 

 

私たちの ベビークラスの根底に流れている気持ちを お伝えしますね。

 

 

ベビークラスでは

お子さんに  パパ・ママと英語を楽しんでもらうレッスンをしています。

 

つまり、

「英語」背後

 

パパ・ママの存在

 

残すのです

 

 

昔、お父さんとこれしたなぁ とか

お母さん この時こんな顔してたなぁって思い出ありませんか?

gatag-00011668

 

私は 小さいころ、父親とサッカーボールのパス回しでよく遊びました。

30年経った今は

テレビでサッカーの試合やっているところをみると なんとなぁく暖かい気持ちがします。

 

 

子供のころの出来事に

 

パパ・ママが入ることで

 

将来その出来事は 子どもにとって

 

 

特別なものになります

 

 

えいごをママ・パパと楽しむ経験を持つこと。

 

dsc_0309

 

そんな 暖かい経験を持った子供たちが 使って行く英語は

一味違った暖かい表現になってゆくでしょう。

 

ベビークラスでは その気持ちの土台作りをするレッスンなので

コンピューターのプログラミングのように

ただ 子供に 英語表現を覚えさせるのではなく

ママ・パパと一緒に楽しむ  血の通った暖かいレッスンをしています。

 

 

広い教室を歩き回りながら 身体を動かして 英語を楽しんでます

dsc_0307

 

 

お子さんと ママ・パパの間に英語を置いてみませんか?

 

この経験を 気軽に初めてもらいたく、 キャンペーンを用意してます。

ぜひ お越しくださいね 🙂 

 

キャンペーンページはこちらです♪

 

 

 

更新日:2016.09.16

今日は 小学生 プチ発表会でした。

毎月第一週目のレッスンは、参観日

 

小学生は 発表会!

 

今月は 習ったフレーズと、フォニックスの音をママたちの前で 発表しました。

 

dsc_0313

〈レッスン後の静かなお教室・・・〉

 

最初 みんなの顔は カチコチ!だったけど、勇気を出して ママに届く声とお気持ちが出ました。

ママたちにたくさん褒められちゃったね♪ やったぁ

 

みんなの頑張りは、ママが見てくれているよ!おうちの人にも みんなが出来るようになったこと、教えてあげようね。 

 

英語は 頭の中にためておくだけじゃ もったいない。

どんどん使って そこに生まれるコミュニケーションを楽しんでいこうね。

 

今月も楽しみながら学んでいこう

ADAM

 

更新日:2016.09.09

英検Jr.の受験結果がでました

 

キャタピラーイングリッシュスクールでは 年に一度

みんなの実力を試す 全国テストを実施しています

 

 

 

このテストの結果が出ましたので 生徒さんに 結果をお渡しししています。

 

 

 

テストに挑戦したみんな、毎週のレッスンに加えて テスト対策 おうちでの筆記・CD学習とがんばったね!

 

 

全国平均を上回る結果がでました。

 

おうちの方々、ご協力頂きましてありがとうございました。

 

 

 

      平均点の比較表

 

Bronze (初級)

Silver (中級)

キャタピラーイングリッシュスクール

95点

93点

 全 国

88点

82点

 点数差

+7点

+11点

 

やる気ぐんぐん!お子さんを褒めてあげてください♪ 

 

 

お子さんはテストを一生懸命がんばりました!

「英語を我が子にプレゼントしよう」と決めたパパ・ママ、

もらった賞状やメダルシール、成績レポートカードを一緒に見ながら

 すごいね!英語の達人!がんばってるね!!

と、ギューっと抱きしめて たくさんたくさん オーバーすぎるほど褒めて

このテストをきっかけに お子さんを自信満々にさせてあげて下さいね。 

 

 

 

次回は来年度を予定しています。

 

 

 

まだ受験されていない方へ「英検Jr.ってどんなテスト?」

 

リスニング力を測るテストで 英文を聞いて答えます。

次のように出題されます

「つぎの英文を聞いて絵に合っている番号にまるをつけましょう」

33

 

   ① I’m throwing the ball to my friend.   

   ② I’m throwing the ball to the wall.

   ③ I’m throwing the ball to the sky.

     ※実際には英文の記述はありません

 

 

 

 

このように出題されます。

「え?文が長い!進行形!?」と思ってしまいますが 子ども達の頭の中は 進行形であれ 過去形であれイメージ化されています。

丁度 上の絵のようなイメージでしょうか。

 

また文の最初に主人公(主語)が来て 次に主人公の動き(動詞)が来るよね」というような英文法は自然に習得していきます。

それは幼少期からの英語インプット量に比例すると言えます。

 

語学学習の入門期にもっとも大切と考えられているリスニング力を測る形式の英検Jr.のテスト、この評価では「英語を英語でどの位理解できているか」を確認できるものと思います。

 

 

更新日:2016.08.09

2016年 サマースクール 風景 ―小学生クラス―

2016年 サマースクール  ―小学生クラス―

 小学生クラスのレッスン風景 

 

今日は Where do monsters live ? という絵本をつかいました 🙂

1470526546825

今年の小学生サマースクールでは 一番難易度の高い力、 「書く」ところまで挑戦!

たった3時間しかないから いかに効率よく目標まで達することが出来るかと 試行錯誤でした 🙄 

 

語学の習得には 4技能が必要と言われています。

「聞く」➡「言う」➡「読む」➡「書く」です。

(そして その次に「話す」ことが出来るようになりますが、これについてはまた別記事に載せますね。)

私たちも生まれてからこの道のりで 母国語を習得しました。

 

まずは 沢山聞くことから始めて

カードを使って 英文を言いながら 文の形を覚えていったよ

 

20160805_133342

 

さすが一年生!鉛筆を上手に運ぶ!

 まずは コピーライティングで 英語の文字に慣れていきます。

 

 

 

 素晴らしい気づきがあったのです!

 生徒さん「あれ?いつも a だったのに これだけ an になってる?なんで?」

 (a yellow monster (黄色モンスター) と an invisible monster(透明モンスター)のところで

気づきました。)

 

私は学校で 「子音の前は a 、母音の前はanをつける」と教わったけれど

1年生の彼女は自分から発見したのです!

これが自然な語学の習得なんだなぁ と感心させられちゃいました

「聞く」➡「言う」➡「読む」➡「書く」と それぞれの場面で気づきがあるね 💡 

DSC_0186

 

 

休憩タイムは  アダム先生のおつかいミッションに挑戦!

いまから3つのモノについて、それぞれ3つヒントを出すから それをコンビニで買ってきてね。

DSC_0175

「え~~~!全部英語!間違ったもの買ってきたらどうしよう!」

「返品するのイヤだねぇ」

 

 

と言いながら 楽しそうに近くのコンビニまで行きましたよ (笑)

 

ヒントが書かれた紙を見ながら これ?あれ?わかんない~っ と苦戦!

 

DSC_0180

「あった!a  red box っていってたからこれだ!」

DSC_0181

 

 

 

アダム先生に

Is it apple juice? と 確認したら Yes,it is!との答え。

やった 合ってた!!ミッションクリア!

おめでとう~!

 

DSC_0185

 

 

最後に ママの前で 発表会!ドキドキ!

自分で作った ノートを読みました。8ページの絵本です。

 

13956793_10154465052002835_1598934655_n

 

英語はじめての 子どもたちが たった3時間で 英語を「聞く」「言う」「書く」ことができました。

 

経験者の子は フォニックスを意識して 「読む」こともできました。

 

子ども達は「英語が言えちゃう!ママびっくりするかな?」と言っていましたよ。 手ごたえを感じていたようです。

 

 

ママも お子さんの発表をニコニコして 見守っていてくれました。大きな拍手ももらっちゃったね!

 

 

 

レッスン終了後、「また来たい!まだやりたい!」と言ってくれて みんなの心に大きな達成感・満足感が残ったんだな、英語が好きになってくれて良かった!とアダム先生と私は嬉しい気持ちでした。

 

 

 

今年は 3時間つかって 一冊の絵本から「英語のセンスを磨く」 という初めての挑戦でした。

 

想像力を思う存分発揮してその世界に浸ることができる絵本は、外国語を学ぶ時も、母語を学ぶ時同様、子どもにとってすばらしい学習ツールだとおもいます。

 

がんばって作った自作絵本を 家族にも読んであげてね!おうちの方も 沢山ほめてあげて下さい。

 

今年のサマースクール、大成功でした。

みんな、がんばったね!

ご協力頂きました おうちの方、ありがとうございました。

更新日:2016.08.07

2016年 サマースクール 風景 2日目 ―幼児クラス―

2016年 サマースクール 2日目

 幼児クラスのレッスン風景 

 

 

今日は How many ? という絵本をつかいました 🙂

DSC_0171

これは、アメリカのCTP社の絵本です。ちびっ子たちへの優れものの英語教材。

 

よい英語絵本を選ぶポイントを全て兼ね備えています。

 

アダム先生 一押しの絵本シリーズ。

アダム先生は 長年 幼児英語教育の現場にいて 様々な教材を見てきました。

その中で 日本の子どもたちに質の良い英語教育が出来る教材と大絶賛していて、普段のレッスンでも使用しています。

こども達が スッと英語の世界に入っていくのを 見て取れます 

20160805_095943

 

 
こちらの絵本の中身がとても面白いのです。

 

「タコの足は何本?」「8本だよ。」って英語でなんて言いますか?

How many legs does an octopus have? 
An octopus has eight legs.

 

という英文が出て来たと思います。

 

 

 

この絵本では なんと!

How many legs on an octopus?

 Eight legs on an octopus.

と表現されているのです。これはネイティブの感覚でしょうね。

 

 

子ども達は 絵本を通して 「英語のセンス」を磨いていきます。

 

日本の子どもたちには 教室外で自然な英語に触れる機会がほとんどありません。

 

 

でも 教室で英語絵本を使ったレッスンを受けると 子どもたちは ストーリーの形を借りて

英語の世界を疑似体験しながら リアルな文脈や言葉に触れることができます。

 

 

日本語を介さずに言葉の意味を理解することができるというメリットもありますね♡

DSC_0164

今年のサマースクールでは3時間かけて じっくりと

この絵本に広がる英語の世界を

深めていきました。

沢山の 笑顔~✨

 

 

休憩時間には 近所の お菓子屋さんへ お散歩  

アダム先生の英語指示を聞いて お店へ向かいまーす

20160805_101020(0)

いつも お世話になっているお菓子屋さん 本町 フォンテーヌ府中屋さんです。

お店に入ると ハロー と迎えてくれます

 

 

20160805_101534 (1)

 

みんな 英語で 上手に注文が出来ましたよ~

 

戻ってきて いただきまーす Let’s eat!

DSC_0158

 

 

最後には ママたちの前で 絵本を読みました!

 

「もにょもにょもにょ もにょもにょもにょ」

3~5歳のみんななので 字はまだ読めません。

でもがんばって 発話していました。

絵本の絵を見て そのシーンにあった英語の音を思い出しながら  もにょもにょ と音を出していました。

 

もにょもにょもにょ でオッケー!

 

みんなの頭の中に広がる 英語の世界にある音が出てきているのだと思います。

今は 正しく言わせる より 子どもの口から自然に出てくる音を 素直に聞いてあげることの方が 大切。

 

日本語でも宇宙語があったように 英語もたくさんの 英語音が 頭に入り 不思議な音となって出てきます。

不思議な音でも 構わず言えるのは 幼児期の強みですね!英語らしい音もちらほら聞こえました。

 

小さい頃から 「実際に言う」という実体験を通して  人前で使える英語を身につけてもらいたいです。

 

 

 

最後に子どもたちから「 楽しかった!」とニコニコ笑顔をもらえました♡

 

今日のサマースクールで みんなのお気持ちにどんな英語が残ったかな?

 

何でも楽しめることは子供の特技。英語も楽しみながら学んでいって ほしいです 🙂 

 

 

 

参加してくれた みんな、ご協力いただきました パパ・ママ、ありがとうございました。

 

更新日:2016.08.06

2016年 サマースクール 風景【動画あり】 ―幼児クラス―

2016年 サマースクール スタート

【幼児クラスのレッスン風景】

 

 

今日は Little green frog という絵本をつかいました。

 

こちらの 動画は レッスンがスタートしてから1時間後の様子です。

みんな こんなに上手に主人公のカエル君になりきっています。
仕草や 表情をみるとちゃんと英語の意味が分かっている様子 ˆ∀ˆ

 

 私しか映っていませんが 主任講師はアダム先生です (;^_^A

20160729_093532 ぴょーん

 

 

最後には スピーキング発表会。

ママ達を前に 朗読をしました。

 

FB_IMG_1469785616405

ママ達からは 

・ 英語が子どもの口から自然に出ていて 楽しんでいるようでうれしいです。

・ サマースクール後、 英語のセリフを口ずさんでいました。丸暗記しちゃったみたい。すごい!

と感想を頂きました 😮  お子さんにも、ママ達にも喜んでもらえてうれしいです!

子ども達の 英語を言いたい という 気持ちを引き出すのは 絵本の素晴らしい魅力の一つだと思います(^^♪

 

 

次回は8月5日(金)です。受講生募集中ですので

詳細は こちらサマースクール案内をご覧ください。

 

お待ちしています!

 

おまけ ブレイクタイムにはみ 英語でパンケーキ作りを楽しみました 🙂 

1469785911923

yum yum!

更新日:2016.07.30

【フォニックス学習】の続き 【シラブル学習】

前回【フォニックス学習】の続き。

シラブルって?

 

【小学生クラスをちょっとのぞき見👀】

 

 

英語のリズム感を良くする+英語が聞き取れるようになる学習法

シラブル(syllable)=(英語のリスニングや英語独特のリズムを掴む”コツ”のようなもの)

のお勉強中でした。

 

DSC_0129

「子供に英語を習わせるならネイティブ講師」と決めていられる パパ・ママは

我が子には ナチュラルな発音を身に付けて欲しい

と思われているとおもいます。

(もちろん他にもあると思いますが、ここでは音について書かせてもらいました)

 

 

一言でナチュラルな英語といっても  正しい音 英語独特のリズム感 音と音のつながり方

などなど。英語っぽく聞こえる話し方ですね

 

 

みなさんご存知のように 英語学習の入門期にもっとも大切と考えられているのは リスニング力です 

私たちの子どもたちが日本語を話しているのも おなかの中にいた時から日本語の音を聞いていたからですよね

 

ベビー・幼児クラスでは 絵本を中心とした 多くの英語を聞いて
ナチュラルな英語に慣れます 

そして次のステップとして小学生から シラブル学習が始まります

 

音の聞き分けができて 文字が読めて 理論的な理解ができるお年頃ですからね

 

DSC_0133

ブロックを使い ゲーム感覚で シラブルに馴染んでいく 小学生たち

ゲームに勝った負けたでトラブルになるのも お年頃だから….

 

 

前置きが長くなりました(;´・ω・)

シラブルとは音の小さな単位です

Trumpet ― トランペット を例にとると

bach%20vincentsp

日本語では ♪ ト ラ ン ぺ ッ ト と6音

英語では ♪ トラム ペット と2音(2つの音の塊)

 

ネイティブには ♪ ト ラ ン ぺ ッ トでは通じないし、

日本人には ♪ トラム ペット と言われても何のことだか聞き取れません。

 

このように カタカナ英語では通じない。

又 ネイティブの英語が聞き取れない大きな理由の一つが

シラブルの意識です。

 

キャタピラーイングリッシュスクールでは

”使える英語”を身に付けるために ネイティブ講師が 英語特有のロジックも生徒さんにお伝えしています。

小学生たち 大きな声で元気に学んでいますよ。みんな楽しそう 😀

 

シラブルについては また次回に詳しくお伝えしますね~

 

皆様よい一日を!

 

更新日:2016.07.27

4技能全てが伸びる!?【フォニックス学習】

「フォニックス」
最近、耳にすることが多くなってきました。ご存知ですか?多くの英語教室でフォニックス指導が取り入れられています。

Q フォニックスって何だろう?

A 【文字と音を結びつける学習法】です。英語圏の子どもたちにとっては良く知られた学習法ですが、最近じわじわと日本での知名度が上がってきていますね。

 

そして、フォニックスをちゃんと学んだ英語圏の子どもたちは 何ができるようになるのか?

英単語のスペル(つづり)を見ると発音がわかる。知らない単語でも発音を聞くとスペル(つづり)が判る

つまり 正しい音をキャッチできて 正しい発音で言え 読み書きも出来るようになっていきます。 

 

 

「英語の4技能(聞く・言う・読む・聞く)全てが伸びる学習法」なのです。

 

なにより こどもが自分でんでいける 自学力がつく 素晴らしい学習法。

 

 

 

例えば・・・・

「新しい単語が出て来たぞ」

”square”  ”president” 

 
「なんのこっちゃ?習ってないからわかりません。」

 

 という声がなくなります。

 

フォニックスを知っていると 次のプロセスが始まります。

 ① 意味が分からなくても正しい音をキャッチして
 ② そのまま発音できて
 ③ フォニックスルールで読めて
 ④ ルールが頭に入っているから、書けます

もうここまでできたら 文の前後関係でおおよその意味は掴めるでしょう

 

 

 

 

今までの英語教育は 【読み書き】重視の机上の学習だったので

フォニックス学習はなかったです。

しかし、現在の英語教育は コミュニケーション英語で人を介す英語なので 【聞く 話す】力が必要とされています。

 

 

 

自分のスキルアップのため この学習法を習いに ㈱mpi のセミナー行ってきました。

 

 

余談ですが こちらの指導法が小学校に導入(150校以上!)され

1時間目が始まる前の 朝の15分の活動時間に英語活動として取り入れられているそうです

 

 

毎日15分ですよ!!絶対効果が出てくると思います

 Untitled

 ステキなコーチと  記念撮影(^^♪

 セミナーに参加された先生もステキな方たちばかりでした。
 
 セミナー後いろんな情報交換などでおしゃべりしまくりました~(笑)

 

 

 フォニックスを習得するには もちろん時間がかかるけれど

 今後みんなの宝になる技術です。

 みんなが、英語ができる!英語って楽しい!と実感してもらえるように

 しっかりとレッスンに取り入れていきますね。

 

 来週のサマースクールでももちろん フォニックス学習をみっちりやりますよ(小学生)

 自分で英語が読めた時 みんなどんな顔をするかな?楽しみです。

 

ちなみに・・・

フォニックスでは 発音に関するルールを学びますが その前に習得しておきたい大切な要素があります。

シラブルといいますが それはまた次回に!

 

 

 藤枝、焼津・島田でえいご大好きっ子を育てるなら

 キャタピラーイングリッシュスクール

 

 

 

 

 

更新日:2016.07.25

大好きな翻訳者さんとツーショット(^^♪

みなさん、こちらの絵本ご存知ですか?

th

そうです

「はらぺこあおむし」

 

作者はエリック カールさん

アメリカの絵本作家で、コラージュの手法が特徴的ですよね

eric-carle

 

そして、エリックカールさんの絵本

「ホットケーキできあがり」

book_pancakespancakes

私、こちらの絵本が大好きなんですが

なんと、翻訳者さんにお会いできたのです―!!!

IMG_9804

アーサー ビナードさんです

ユーモアたっぷりな博識な方で 笑顔もステキ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

翻訳業のスタートは

ご自身の大好きな絵本が「世界で翻訳発売されていなかったから」だそうです。

世界のステキな絵本を日本の皆さんに広めているアーサーさん

 

私は、絵本が大好き   🙂

絵本の中に広がる世界と、読んだ後に残る心地よさに浸るのが好きだからです

 

アーサーさんが絵本を広めているように

私もたくさんのステキな絵本を 子どもたちに読んであげたいと思いました

 

 

アーサーさんとは 心が同じ仲間!と勝手に一人盛り上がりです(笑)

 

kiyomi

 

 

 

更新日:2016.07.17